スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆応援ポチをいただけたらうれしいです
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ にほんブログ村 犬ブログへ
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
クレアとアニコミュ
2009 / 04 / 30 ( Thu )

チャンスがあったので、一足お先にプチ体験しちゃいました237

今回セッションしてくださったのは【篠さん】というコミュニケーターさんです。
mixiの某コミュニティにて電話セッションの練習相手の募集を見かけ、応募させていただきました。急な応募だったにも関わらず快く引き受けて下さいました。
練習といっても、篠さんはHPを立ち上げて既にアニコミュをお仕事にされている方。
アニコミュは、「出来たから、ハイ終わり」ではなく、日々の訓練が必要なのだそうです。

時間は30分。
練習という事で、1つは検証可能な質問(答えが明確に分かっている質問)をします。
今回は一番明確であろう、『首輪の色』にしてみました。
正直半信半疑な私にとってもこの質問は重要でした229

そのほかに2つ、好きな質問が出来ます。

1,私(イトー)のことをどう思ってる?不満や希望はない?
2,クロ、シェロのことをどう思ってる?


少し悩みましたが、この2つにしました。

電話セッションということで、今回は通話料無料のスカイプを利用しました。
というかこの為にインストールしました笑

以下そのスカイプ通話を録音したものから書き起こしたものです。
(長くなってしまうので、雑談や挨拶を省いています。)
篠さんの言葉は青い文字
私の言葉はピンクの文字で色分けしました。
篠さんの話してくれたクレアの声は薄いピンクの太文字になってます。
小さいカーキ色の文字はその時の私の心の声、ということで笑

長いので、追記に書いてます。
気になる方はOPENしてください179

にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ  e_04.gif

☆応援ポチをいただけたらうれしいです
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ にほんブログ村 犬ブログへ ------------------------------------------------------

【まず、『検証可能な質問』首輪の色は?】

●篠さん:この質問については、先に映像を受信しているんですが・・・えーと、クレアさんにご挨拶をしたあと、「お話をしてくれる?」と聞いたら、了解を求めるような感じだったんですよ。

○イトー:それは、私に・・・ってことでしょうか?

●篠さん:どうなんでしょうかね、えーと・・・私にではないと思うんで、イトーさんにだと思うんですけれど・・・
ごめんなさい、検証可能な質問とズレちゃうんですが・・・人の様子というか、周りをとてもよく見る、ワンちゃん?


○イトー:あ、そうですね、ハイ。
  超ビックリしました!!
  勿論会ったこともないし、写真と名前と誕生日、年齢だけのデータしか知らないはずなのに、
  いきなりクレアの性格を当てられて。。ドキドキしました。


●篠さん:人間でいうと、「空気読む」っていうか・・・

○イトー:そうですね(笑)とても・・・空気読める子なんです

●篠さん:(笑) なので、ちょっと遠慮しちゃうところもあるかな?っていう。

○イトー:分かります、それすごく。

●篠さん:そうですか(笑)
・・・っていう感じがまず最初にあって、一応、「安心してお話してくださいね」って話しかけました。それでそのあとに教えてくれたのが、えーと・・・「何色ですか?」って聞くと、赤・ピンク系なんですよ。どちらかというとピンクが強いような感じなんですが・・・赤かピンクなんですよね。とてもキレイな色。暗い赤ではなくて、明るめなきれいな色。


○イトー:クレア自身が使っている首輪は赤なんですよ。柄もので、アリスモチーフのヤツで、ピンクっぽいっていうのは・・・シェロに使ってるものがピンクなんですよ。で、そのリードが太めで・・・多分それが彼女の頭の中で強く・・・お散歩の時に残っているイメージなのかなって今思ったんですけど・・・でも、うん、概ね正解です。

●篠さん:ありがとうございます。
・・・どっちが好きかっていわれたら、クレアさんピンクの方が気になってるみたいですけど(笑)

○イトー:え!そうなんですか!?

●篠さん:はい、個人的には・・・あの、ほんとに遠慮深くて、多分人間だったら遠慮深すぎて主張しすぎなくて損するタイプだと思うんです

○イトー:そうなんです、ほんとに見ていて、人間じゃなくても損してるような・・・そんなに我慢しなくていいんだよ、みたいな・・・

●篠さん:そうなんですね。私が見えてる映像は、やっぱりピンクのもの。。。すごくそれを見てるんですよね、見てるんですけど・・・「いいなぁ~」っていう感じ。気に入ってるんだなぁと思って映像を見てたんですけど。

  意外な事実にビックリ!まさかシェロの首輪の方が好きなんて・・・
  「いいなぁ~」って見てるって、なんかすごい可愛い(笑)ピンクの首輪、買ってあげなくちゃ^^

○イトー:ピンクのリードが実は元々2頭引き用のリードで、1頭引きにも出来るものなのでそれを今はシェロに使ってるんですよ。でも前は2頭引きとして、クレとシェロで使ってたんで。
でも、そうするとシェロが引っ張っちゃってクレが自由に動けなくて可哀想だったんで・・・今はリードを分けてるんですけど。。2頭引きの方が実はクレアは気に入ってたんですかね?(笑)引っ張られるから可哀想かなと思ってたんですけど。


●篠さん:そうですよね(笑)じゃあ、聞いてみますね。
・・・・・・あの、色が好きらしいです「色が好きだ」って言ってます。


○イトー:『ピンク』って色が好きなんですね。

●篠さん:はい、それで・・・2頭引きは・・・あの、何て言ったらいいんでしょう、控えめな、すごく控えめな言い方で、「遠慮させていただきます・・・」って。。。

○イトー:(笑)
  これすごい面白かった(笑)やっぱり2頭引きは嫌なんだなぁ。

●篠さん:小声です、しかも(笑)だから、色がとても気に入ってるんですね。多分好きな色なんですね。

○イトー:確かに、クレアのイメージカラーはピンクで、お洋服とかもピンク系が多いんですね。で、お友達に作ってくれたりするときも「似合うと思って」ってピンク系を選んでくれたりもするので。

●篠さん:そうなんですね~

○イトー:コチラのイメージと彼女自体が好きな色が合致してるのがすごく嬉しいですね!

●篠さん:そうですよねー。
・・・あ、ちょっとだけですけど、クレアさんがリラックスした顔をしましたね。ちょっとですけどね(笑)


○イトー:そういう表現も控えめなんですね(笑)

●篠さん:そうですね(笑)さっきまでは緊張してて、ほんと震えちゃうくらいまででプルプルしてる感じだったんですけど、ちょっとずつちょっとずつ・・・若干取れてきたかな。ちょっとだけど・・・(笑)

○イトー:ちょっと(笑)


【こちらからのリクエスト質問①】
私(イトー)のこと、どう思ってる?希望や不満はある?


●篠さん:まずどう思う?ってところから・・・
・・・「大変だね」って言ってますよ?

○イトー:あーそうですか(苦笑)

●篠さん:割とこう・・・物事をこう、効率的に、サササッとやる性格ですか?イトーさんは

○イトー:あー・・・そうですね、それが理想ですね。私のなかの・・・

●篠さん:そうですか。そんな感じの姿が見えて・・・すごく大変そうに見えるらしいですね。

○イトー:クレアから、私がってことですか?

●篠さん:そうですね。えーっと・・・
・・・「いつも常にいろんなことを考えて・・・」・・・・動いてます、ね・・・、すごく大変そうに見えるので、えーと・・・自分よりも・・・
えーと、何頭いらっしゃるんですか?クロとシェロ・・・3頭?

○イトー:一緒に住んでるのはシェロっていう男の子なんですけど、クロっていうのは彼氏の愛犬で同じブリーダーさんから同じ日に一緒にお迎えしたんですよ。ほんとに姉妹のように仲のいい関係で。

●篠さん:えっと、ごめんなさい、何でお聞きしたかっていうとですね。クレアさんの視界から見てる状態なんですが、その間にワンちゃんが割り込んできてるんですよ。

○イトー:え!(驚)

●篠さん:イトーさんがシャキシャキ動いてる姿、で、話しかけようかなってすると、その前に必ず割り込んでくるんですよね。

○イトー:それシェロですね!!(確信)
  おそらく篠さんが見ている光景、すぐに頭に思い浮かびました。だってそれ、毎日の光景だもの。
  これもびっくり~~。


●篠さん:それがすごく・・・クレアさんにとってはすごく障壁っていうか、遠い存在に感じてしまうんですよね。
大好きなので傍に行きたいんですよ、でも、まずすごく忙しそうにしてる。で、自分が甘えたいんだけど、迷惑をかけたくないっていうか・・・見てるんですよ、すごく一生懸命見てるんですね。遊んでもらいたいなとか、今はいいかな、とか様子をすごく見てるんですけど・・・どうしてもその「忙しさ」を感じてしまって、しかもその前に割り込んでくるシェロちゃん。で、それ、お構いなしにやるんですって。


  この時の篠さんの「お構いなしにやる」っていう表現、すごく「クレアから見たシェロの印象」っぽくて。。。
  本当にこう言ってるんだろうなぁって思いました。


○イトー:(驚!!!)はい・・・(すごく心当たりある)

●篠さん:で、「もうしょうがないわね」って言いながら、一応遊んでるっていうか、捌いてるっていうか片手間に遊んでるっていうか、そうしてると余計に行けない・・・ですねー。で、うーん・・・そうですね~・・・でも、これは性格じゃないでしょうか?

  この、「もうしょうがないわね」って言いながら・・・って件は多分クレアから見た私の行動かな、と。
  私が、お構いなしに来るシェロを「しょうがねーな」って言いながら片手間に遊んでる姿を
  表してるんだと思います。


○イトー:それはクレアの、ってこと・・・?

●篠さん:クレアさんの性格じゃないですかね。

○イトー:遠慮がちすぎるところが・・・ってことですかね?

●篠さん:そうですねー・・・あのー、そうですね、別に甘えたいのに甘えられないとか、イトーさんに足りないところがあってとか、そういうことよりも、クレアさんの性格が・・・大好きで、遊びたいんだけど性格で行けないっていうか、体が前に出ないっていうか。

○イトー:あー・・・もう、私自身がそういうところがあるので。自覚があるのですごくそのクレアの気持ちが分かります。

  そういうところが似てるのか・・・と初めて気付いた瞬間でした。
  クレアも私と同じような事をしてるんだね、それで多分、「だめだなぁ、こういうとこ直さなきゃなぁ」って
  思ってるんだよね・・・うーん、ヘンに親近感を感じました。


●篠さん:うん、そうか・・・誰が悪いとか何が悪いってことじゃないんですよね。なので、うーん(苦笑)

○イトー:確かに割り込んでくるヤツがいて、そうするとクレアは止まるんですよ。こっちに向かって来てる時に止まるんです。で、こっちを見てるんですけど、「しょうがないや」って感じで違うオモチャとかで遊び始めるんですけど。
そういう時に私はどうしてあげるのを、彼女は望んでるんでしょうか?それともそういう望みも一切ないんですかね?


●篠さん:ちょっと聞いてみますね・・・・・・
えーと「次でいい」という言い方をしてます。

○イトー:割り込んできたコの次で?

●篠さん:そうです、シェロちゃんの「次でいい」って。やっぱり遊びたいんですよね。お時間を取っていただけるとしたら、シェロちゃんが落ち着くまで遊んで・・・というか多分遊ばないと、クレアさんを優先して遊んだら多分シェロちゃんが邪魔してくるので(笑) で、クレアさんも多分、気になっちゃうと思うんですね。
で、次でいいって言ってますから。次に時間取れれば、しっかり遊んであげれば・・・


○イトー:なるほど・・・はい、分かりました。ありがとうございます。

  クレちゃんらしい答えだな、と。こういう言い方するなんて。私を一番にして!とかじゃなくて、
  遊んでもらえるだけでいいんですよ、っていう感じの。


●篠さん:はい、じゃあ、次の「不満とか希望」ですね。聞いてみますね。
・・・・・・うん、なんかみんなに「優しいコね」とか「可愛いわね」ってすごく声をかけられる」って言ってますね。


○イトー:あ、はい。そうですね、言われます。
  質問とは特に関連のない言葉。クレちゃん、そう言われるのが嬉しくて、自慢したかったのかな?^^
  伝えたかったんでしょうね。


●篠さん:うん・・・そうですね、あの、「不満は?」って聞いても、「それはない」と言っています。

○イトー:ない?まったくないっていう?
  
まさかの言葉に驚き。だって、ないはずないもの。

●篠さん:えーと・・・(笑)ないとは言ってるんですがぁ・・・

○イトー:多分ありますよね(笑)
  そうだよね(笑)あるはずだもん~

●篠さん:そうですね(笑)お察しの通り、顔の表情がね、「ある」けど・・・あるっていう風に見えるんだけど、言葉では「ない」って言ってます。

○イトー:(苦笑)(足元でヘソ天・ウトウトしてるクレアに向かって)クレちゃん言っていいんだよ~。覚悟できてるんだからさぁ、言ってよぉ(笑)

●篠さん:いや、多分性格です(笑)
「困らせたくない」とかそういう遠慮かなって一瞬思ったんですよね、もしくは私のような他人が入ってきて急に聞いてもクレアちゃんの性格だとやっぱり無理かなっていうのもちょっとあるんですけど、でもそれよりは・・・
ごめんなさい、繰り返しちゃうんですけど、性格なので・・・しょうがない(笑)

○イトー:違う意味でガンコみたいな(笑)

●篠さん:聞き方に工夫しないといけないですね。工夫して本心を探っていくような。映像の表情では見えるんですけど、でも具体的な不満みたいなものは・・・絵で見せてくれると助かるんですけど、それも見せないですよ。
だからそんなに、「不満で、もうたまらない!」とかいうのを持ってるわけではなくて、「しいて言えば何か出てくるかな」って感じの。
そんなに気になさってしつこく聞いても多分出てこないと思います。
だから他の質問から行ったほうがいいかな。希望の方も併せて聞いてみますね。

○イトー:お願いします。
  大きな不満はないのか、意外・・・でも良かった!もちろんそれでも油断せずに、不満になりそうな
  改善できるところは改善していくけれど、でもやっぱりそういう風に言ってもらえるのはちょっと安心します。


●篠さん:うーんと、・・・多分、遊んでいる姿だと思うんですが、下が芝生で、えーと・・・ボールよりも少し大きいピンク色の何かのぬいぐるみみたいなもの。。。ふわふわっとした・・・・それをくわえて走っている姿が見えます。そういう事をしたいのかな。
外で走る・・・好きなピンクのぬいぐるみで・・・
そうすると、もう何か耳をパタンパタン、走ってる反動で耳がパタパタするくらいすごい元気に・・・
そんな感じの映像が見えます。そうしてるのが楽しいみたいですねー。
ぬいぐるみ自体は、家の中じゃないと汚れちゃいますよね(笑)


  不思議なことに、この言葉を聞いている最中に、もうその光景がリアルに思い浮かぶんですよ。
  (というか、この言葉だけじゃなくて篠さんの答えすべてに思い当たることがすぐに出てくるんです。)


○イトー:そうですね・・・あの、よく行くドッグランで、色自体はピンクじゃないんですけどいつもお気に入りで遊んでるぬいぐるみがあって。それは結構赤っぽい色で、変な形してるんですけど(笑)
それで結構、持ってこい遊びをするのが好きで。
で、さっき耳をパタパタさせるって言ってましたけど、ほんとにウサギみたいにピョンピョン跳ねるんですよ、そうするとホントに耳がパタパタするんで。今それだろうなってすごい思ってたんですけど。

●篠さん:そうですね、くわえて持ってきてる映像なので。なんていうか、得意げな顔して、コッチに向かって走ってくる映像なんですね。それがすごく楽しい・・・1対1かな、1対1の時間を持てるのが・・・

○イトー:あ、なるほど・・・
  「得意げな顔して」っていうのがちょっと面白かった(笑)この顔ですねクリック
  ちなみに「耳をパタンパタンさせて」っていうのは、コレクリックですよね^^

  「ピンクのぬいぐるみ」、芝生の上でもってこい遊びをするっていうことでアイケーンのコレクリックかな、
  とも思ったけど、ピンクでフワフワっていうともう1つ、おさかな型でピンクのちょっとフワっとした
  布のぬいぐるみも思い浮かぶ・・・。確かにどちらもクレアのお気に入り。
  だけど、ピンクのおさかなサンは外に持っていったことがないんだよね。今度持っていってみようかな?


●篠さん:うん、そうですねー。希望としては、「それをしたい」っていうことなので。天気がいい日なんかは是非また。

○イトー:そうですね!




【こちらからのリクエスト質問②】
クロとシェロのことをどう思ってる?



●篠さん:クロちゃんは女の子なんですか?

○イトー:そうです、女の子です。

●篠さん:ふふ、そうなんですね。 (←ココなんで笑われてたんだろう・・・何が見えたんでしょう)
・・・・・・えっと、クロちゃんのことは「お友達」って言ってます。で、言葉では「お友達」って言っていて、雰囲気がね、とても優しいので、その遠慮がちなところが一緒にいる時にはあまりなくなってるかもしれません。1匹でいるときより、クロちゃん・クレアちゃんで遊んでいるときの方が遠慮がちな性格の部分が引いてるというか、ほんと自由に遊べてる。
えーと・・・体の大きさがどうのって言ってるんですけど・・・ちょっと待ってくださいね。
・・・・・・体の大きさのことは、クレアさんにとって割と重要なポイントのようです。シェロちゃんとクレアちゃんだと、クレアちゃんの方が小さいですか?

○イトー:そうです、はい。

●篠さん:まぁ、女の子ですからそうですよね・・・えっと、クロちゃんとクレアちゃんは?

○イトー:クロの方が小さいです。

●篠さん:あーそうなんだ(笑)なるほど・・・その辺が影響してるみたいですね。
えっと、クロさんとクレアさんが一緒にいる時には、体の大きさのことをあまり気にしないで遊べるみたいなんですよね。シェロちゃんと居る時は遠慮してる。
なんか、「自分の体が小さいから」って言ってる・・・
何でしょうね、この価値観は(笑)よく分からないんですけど、クレアさんは体の大きさっていうのを割と大事に思っていて、ある意味順位的な感じですね。家族の中の順位が、シェロちゃんの方が上に思ってるんですね。


○イトー:体が大きいから?
  えっシェロが上!?

●篠さん:うん・・・あと、あの、意志が強いですねー。 ←ここ、「つよぉい」って感じで篠さん、強調。

○イトー:あ、シェロの?

●篠さん:はい。すっごく強いんですねー。でもそれはリーダーシップを取ってる強さではなくて・・・って決め付けちゃいけないんですけど(笑)

○イトー:いえ、もうその通りです(苦笑)
  ほんとにその通り・・・(笑)そして、篠さんの言いたい「強さ」っていうのも何となく分かります。

●篠さん:なんていうだろ、クレアちゃんの面倒を見ながらっていう心の、器の大きい感じのリーダーシップを取るタイプの強さではないように感じるんですが。

○イトー:その通りです(苦笑)

●篠さん:あーシェロちゃんが聞いてたら大変(笑) ←隣で聞いてました(笑)
あの、でも強いんですよ。
人間でも「なんかこの人のオーラデカそう」って人いると思うんですが、同じようにシェロちゃんもすごく強いんですね、パワーが。
クレアさんはそういう事に人一倍敏感なんですよ。人間でいう、感受性がすごく強いから・・・人ごみに紛れるとこう、頭が痛くなっちゃうタイプに似てます。人がいっぱいいるとアチコチのことが気になるし、感受性が強いってことはすごくアンテナが大きい状態なので、色んなものを感じてしまうんですよね。
「感じよう」と思って感じるんじゃなくて、感じてしまう。だからすごく疲れるし、ハイテンションで楽しい時ももちろんあるんですけど、どちらかというと・・・なんていうんでしょう、受信体勢・・・受身になってしまって、その合間を縫って『発信』しようという気が萎えてしまうというか。
そういうところがあるかもしれないですね・・・
シェロちゃんが良いとか悪いとかってことじゃなくて、ただその強さってことで言うと体も大きいし・・・だからもしかしたらクレアさんから見ると体の大きさ以上にシェロちゃんの存在が大きく感じられると思う。
自分がシェロちゃんの邪魔をしようとか、先に行こうとかいう考えは一切ないですね。


○イトー:じゃあ、クレアとしては別にリーダーになろうっていうのは全然考えてないってことですよね?

●篠さん:全然考えてないですね。あ、年齢は上なんですか?

○イトー:上です。先住犬だったので・・・

●篠さん:あー(笑)可哀想に・・・(苦笑)私から見ると、「弟」とかいう感覚はないですよ。非常に大きな存在で。

○イトー:でも、「頼れる」とかもないですよね。

●篠さん:全然ないですね。残念ながら。頼るとかも思ってないですね。

○イトー:なんか・・・「弱っちぃけどデケぇよ!」って感じですよね(笑) どうしようもないな・・・(苦笑)

●篠さん:(笑) なんか・・・うーん何でしょうね。「弟のように可愛い」という感覚はまったく伝わってこないですね~

○イトー:ないんですね(汗)
  今こうして見るとしつこい確認だなぁ(苦笑)
  まさかシェロの方が上で、クレアはそれを覆す気もまったくないなんて。ちょっと衝撃的でしたね。

●篠さん:うーん、可愛い・・・違うなぁ、うーん・・・
『お姉さんが見守ってる雰囲気』でもないんですよね


○イトー:シェロはあの、一緒に住んでるワンちゃんなので、その『大きい存在』っていうのはそこに例えばそれが『怖い』とか『気にしてない』とかそういう感情的な面だと、どうなんですかね?もし『怖い』とか思ってるとしたらやっぱり可哀想だなって思っちゃうんですけど・・・

●篠さん:聞いてみますね。・・・えっと、・・・「怖くはない」と言っています。で、それはね、えっと・・・イトーさんが配慮してるからだと言ってますよ。何かにつけて・・・・・・うーんと、先住犬はクレアさんなので・・・(話を聞いている感じ)・・・えっと、「気を遣ってくれてるのは分かっている」ので。
・・・うん、そうですね、怖いとかではないです。好きか嫌いかっていうと微妙なんですけどね(苦笑)


○イトー:でしょうねぇ・・・(苦笑)シェロがまだ1才になったばかりのコなので、まだ遊びたくってクレアに突っ込んでいくんですけど、クレアはそれに「やめてよ」って迷惑そうな顔しながら我慢してるっていうのが毎日の光景で。
●篠さん:そうなんですね(笑)・・・うーん・・・、やっぱりあんまり好きでも嫌いでもないなぁ(苦笑)
なんか、横の繋がりを持とうって気がないみたいなんですよ。
犬同士の繋がりっていうか、やっぱりイトーさんを通じての1対1、の繋がり。で、それが大事なんですよ。ここが一番大事なところです。
で、シェロちゃんもイトーさんと繋がりを持ってても構わない。それは構わないんですよ。そこは別に何とも思ってない、不満でも何でも。
ただ、自分が積極的にシェロちゃんと犬同士の横の繋がりを持とうって気持ちは相当薄いですね。だから、一緒に遊びたい相手ではないですね。


  これも結構衝撃。「横の繋がりを持つ気がない」っていうのは。
  クレアにとっては同じ『犬』であるシェロとの関係を築く気はなく、私との繋がりの方が大事なのですね。
  嬉しいような、もっと仲良くしてほしいような・・・(苦笑)


○イトー:なるほど。一緒の空間で生活してる分には構わないけど・・・ってところなんですかね。

●篠さん:そう、ですねー・・・えーと自分の、エリア?「エリアを侵害しなければいい」って言い方をしたんですが。

○イトー:エリア??? 思い当たらない・・・

●篠さん:んー・・・・・・あ、そっか・・・。自分が大切にしてるオモチャとか、気に入っているものに、土足でバァーン!みたいな。勢いで飛び込んでくるのはちょっと迷惑みたいですね。

  エリアといわれると「?」だったけど、「オモチャや気に入ってるものに」っていう話なら納得。
  しかも、篠さんの言い方・・・「土足でバァーン!」がやたらシェロの行動っぽくて(笑)


○イトー:そーでしょうね~(苦笑)でも、まぁ一緒に生活する分には・・・認めてくれてるって分かったのでそれで十分です。それ以上のものを求めてなかった・・・わけではないですけど、でも求める必要はないかなって思いました。

●篠さん:そうですね~、まぁそれぞれの性格を尊重して・・・。シェロちゃんがもうちょっと大人になって落ち着いてくれたらいいな、っていう(笑)

○イトー:ホントにそうですね(笑)

●篠さん:多分シェロちゃんは、クレアちゃんのことが大好きなんです。映像の端はしを見る限り、もう~大好き!ドーン!って感じなので(笑) ←この「もう~大好き!ドーン!」っていうのもシェロっぽい(笑)多分この「ドーン」はタックルですよね(笑)

○イトー:そうですよね(笑)それは私からも自信を持って言えます(笑)
また機会があったら次はシェロのことも見てもらいたいと思ってるので、お願いします!


------------------------------------------------------


感動した・・・絶対、私のことやクレシェロのことを知らない人が、まるで見てきたかのように毎日の光景を当てるんだもの。

クレアの視界で、私との間に割り込んでくるシェロとか。

そして、クレアが重要視している【体の大きさ】。
これはコミュニケーターさんにはまだ直接言ってませんが、実はその不思議な価値観にはすぐに心当たりを思いつきました。

フラリバダックスに魅せられた私とクロパパ。
クレも、クロも、シェロも、みんな大きくなぁれ!と願っていました。
でもそれは勿論、小さいと悪いわけではないのですが。

お散歩や病院に行くと、クレアが近所のダックスちゃんよりしっかり骨太で、お手手が大きくて、体も大きなこと、自慢に思っていました。
世はティーカッププードルやカニンヘンダックスなどの、極小ブームなのにね(笑)

シェロが来て、ますます「大きくなぁれ!目指せ7キロ!」となり、日に日に大きくなるシェロも自慢に思っています。
大人になって、成長を終えたクレちゃんに、「大きくなぁれ」は自然となくなっちゃったね。

それがクレアの不思議な価値感にきっとつながっている。
そして、これはクレアはもしかしたら哀しかったかもしれないけれど、たまにクレアに「クレちゃんももう少し大きくなると思ったんだけどなぁ」と言っていました。。182
多分それが、「クレは体が小さいから」っていう言葉につながっちゃったのかなぁ。。ごめんね、クレちゃん。


クレアのことを知っている人は、まず冒頭の「人の様子というか、周りをとてもよく見る、ワンちゃん?」「空気を読む」の辺りから、もう既に『えー!当たってる!』って感じだと思います。

そして、

「なんかみんなに「優しいコね」とか「可愛いわね」ってすごく声をかけられるって言ってますね。」

これも、まったくその通り。クレアは本当に人気者で、優しいお姉さん、可愛い、おりこうさん、とよく誉められます。質問の内容と関係がない事なので、多分クレアは自分がこう言われることを嬉しくて自慢したい気持ちになったのかな?と思いました。


驚いたのは、クレから見たシェロの位置。
シェロの方が上だなんて。それも、理由は「体が大きいから」。
そしてクレアは上になるつもりはない、と。
篠さんに「すっごく強い」と言われたシェロのパワー。
それを感じ取っているクレアには、どんな大きさに見えるのでしょうか。
(パワー=エネルギーのようなものでしょうか?それともオーラのようなもの?)

クレアは、シェロには絶対マウンティングしません。
ご飯もシェロが先。
だけど、クロにはマウンティングして、ご飯も一緒に食べちゃう。

日常の彼女を思い出せば出すほど、このセッションの結果は当たっています。

これからのクレ・シェロに対する私の接し方ですが、
私がクレを先住犬として扱うことによって彼女が『怖くはない』と感じてくれている事から、今まで通りにしようと思います。
今更、そうそう壊れる仲でもあるまいし。いろいろな意味で229

驚きがいっぱいの30分(実際には40分)、とても有意義な時間でした。
クレアの気持ち、言葉を知って、すごく嬉しくなったよ。
クレアには、「お疲れ様」「ありがとう」「頑張ってしゃべったね」と声をかけました。

そうそう、ピンクの首輪、クレアにもあげるからね^^
実は次の首輪候補はピンクなのです。もう柄も決まってるの。
シェロの首輪より少し濃い、もっと明るいピンクなんだけど、気に入ってくれるかな。
これからもピンクのお洋服や小物もいっぱい揃えよう!

アニコミュ、信じるか信じないかは自由ですが・・・
私は、この結果を前にしてもう、信じざるを得ません!189

最後になりましたが、コミュニケーターの篠さん、今回は本当にありがとうございました。
急なお願いにも関わらず丁寧に接してくださったこと、そしてクレアの言葉を伝えてくださったこと、感謝しています。
伝えてくださったクレアの言葉を大事にしつつ、これからの生活していく上での指針にもさせていただきます。
録音したものを聞き直したら、私の声は緊張ですごく無愛想で、申し訳なかったなと思いました
篠さんの明るく優しい声、そして朗らかなお人柄のおかげで、中盤くらいからは自分では緊張が取れた気でいたのですが・・・。
声は無愛想だったかもしれませんが、電話セッション、とても楽しかったです
また、機会がありましたらよろしくお願いいたします


にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ  e_04.gif

テーマ:ダックスフント大好き♪ - ジャンル:ペット

18 : 51 : 20 | Clare | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。