FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆応援ポチをいただけたらうれしいです
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ にほんブログ村 犬ブログへ
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
手と手
2009 / 03 / 25 ( Wed )

ひとつひとつはとっても些細な、
だけど積み重ねられて大きくなってく「イヤなこと」が
昨日の夜から今まで、いつもより多くありました。
イトーの体力ゲージがぐぐぅ~んと半分まで下がって、
たまらずクレとシェロに応援要請。

090325-1.jpg 

小さな声での「オテ」に、小さなお手手がきちんと乗る。
それだけでもう、ちょっと回復。
わしゃわしゃ~っと頭や体を撫で回して、抱っこして。
イトーが布団に寝っ転がるとすかさず2wanのペロペロ攻撃。
すきすき~って気持ちが溢れて、流れて、伝わってきて。

触れ合うことの大切さと、触れ合えることの尊さを感じました。


にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ  e_04.gif

☆応援ポチをいただけたらうれしいです
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ にほんブログ村 犬ブログへ 090325-2.jpg

イトーのバイト先はゲームセンターです。
世間一般のイメージ的にはあまり良くない場所だと思うんだけど、イトーはこのバイトが大好きです。性に合ってるって感じかな。
騒がしいのは好きじゃないし、遊びに来てるお客さんのガラも決して良くないけど、何でだか一番好きな仕事です。
人間模様っていうのかな、決してガラがいいお客さんばかりじゃないからこそ見えるそういう様々な関係が面白いし、いったん仲良くなってみると実はいい人だったりするし、実際にお客さんと接する時間なんてほんの僅かなんだけどその僅かな時間、どれだけ丁寧に接客できるかっていう自分との勝負みたいなものも好き。

だけど、たまにはイヤなこともあってね。

接客するからには仕方のないことなんだけど。
まぁそういった客層の中で仕事していくのは、実際大変なんです。
事実、お客さんに怒鳴られて大泣きして帰っちゃったバイトの子もいるし。

そんな事が昨夜あって、
さらにイトーは月イチで来る女の子の日ってやつで。
体はだるいしお腹は痛いし気持ち悪いし、精神的にもちょっとテンションダウン。

でもそんな日でも、やっと終わってぐったりしながら帰宅してみると2wanが待っていてくれて疲れもどっかに飛んでいっちゃうんですよね。 


 090325-8.jpg


そんなわけで昨夜はワンコの癒しパワーってやつを実感したわけです。
ワンコの癒し効果ってすごいすごいとは思っていたけれど、それを本当に実感する瞬間で実はそんなに毎日ではなくて、自分が弱ってる時にしか実感しないんだから、人間て本当に傲慢。
だけどそんな時だからこそ感じる癒しパワーは絶大で、一度手にしたらそれはもう手放せないものになるんだろうとも思います。


今日は今日で、
お昼頃起きて居間でパンを食べてたら(ブランチってやつで)
イトーが大っきらいなオバさんがやってきて(ピンポンも鳴らさずに勝手に入ってくるんですよ、すごいと思いません?いくら知り合いとはいえ…)
本当は自室に逃げたかったけどまだ食事中だったしここで逃げるのも唐突すぎて失礼かなぁと思って我慢してたら、自分ちの猫の話を始めて。

実はこのオバさんが、我が家のアリスをくれた人なんです。
オバさんちの猫が産んだ子がアリスで、話すとまぁ長いんですが、一言で言うと昔ながらの猫の飼い方で、産むも死ぬも勝手にして、って感じの人。
私はもう長らくこのオバさんちには行ってないので、アリスの兄弟が今どんな様子か知らないんですが、母いわく「目やにがすごくてノミもいっぱい…アリスは絶対連れていけない」とのこと。

話を戻してオバさんが言う自分ちの猫の話。
オバさん:「この前2つ死んだんよ。アリスの兄弟じゃなくて次に生まれたのが。もう1匹もくしゃみがすごくて。花粉症かね?」
母:「それ病気じゃないの?今はくしゃみだけでもそのうち体のほうに来ると思うよ」
オバさん:「そうなんかねえ?まぁ病気ならそれはそれでいいんだけど、死ぬなら死ぬで…手はかけたくないからさー、ははは」

この会話で、イトー、食べていたパンを持ってついに自室に逃走。


頭の中に、とっさに浮かんだ言葉は「命の尊厳」でした。

猫の命の尊厳は、人間の命の尊厳と同等じゃないの?
死ぬなら死ぬで。。。何?

このオバさんの全てが気に入らないです。

イトーは、自分で言うのもなんですがなかなか人のことを「嫌い」にはなりません。だけど、このオバさんだけは別です。
嫌いになったキッカケは、犬や猫のことではなくて自分のことだったけれど・・・私が婦人科系の病気になった時に「若いうちからヘンな事してるからだよ」と言って笑われたのがキッカケでしたけど・・・
これから30年も40年も病気と付き合っていく事を、子供を産めなくなるかもしれないことを、あんたはそんな一言で片付けて笑うのか。そしてそれを、罹患している私や姉の前で言うのか。と…

今や好きや嫌いを通り越して「気持ち悪い」です。


そんなオバさんからのダメージで体力ゲージが下がったイトーを待っていてくれたのは、やっぱりクレとシェロ。


090325-4.jpg 


ゴロンするのは「撫でて」の合図。


090325-3.jpg 


そんな言葉が伝わってきて。
犬バカの妄想だと、笑われそうですけど。

今日は雨が降っちゃって、お散歩に行けない。
ごめんね、クレア、シェロ。


090325-6.jpg 

090325-7.jpg 


ほんのちょっと、イトーの中に生まれた夢があるよ。
その中にクレとシェロがいるよ。
まだまだ曖昧で中途半端な夢だけどね。
この夢もまた、そのうち消えてなくなっちゃうかもしれないけど、夢見ていいかな?


090325-5.jpg


そうだね、この小さな夢も、クレとシェロと一緒に叶えられたらいいな…


にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ  e_04.gif

テーマ:ダックスフント大好き♪ - ジャンル:ペット

17 : 29 : 16 | dogs | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。